micro:bitで作ろう、メッセージ表示ペンダント!

micro:bitで作ろう、メッセージ表示ペンダント!

micro:bit を IchigoDake化 するアダプタ「micro:Dakeアダプタ」、これを使ってLチカペンダントを作ってみましょう。まずは IchigonQuest for micro:Dake がインストールされた micro:bit にTVとKeyboardをつないでLチカプログラミング。今回は「P C N ^-^」と出るようにしてみました。

プログラムができたら DakeCap に差し込むだけ。

ボタンを押しながら挿します。

できあがり。

いつものように首に下げれば、メッセージ表示ペンダントのできあがり。

DakeCapは量産に向けて目下開発中。

もうしばらくお待ちください。









.

プログラミングの真骨頂「数の箱」でクリスマスツリーをよりゴージャスに!Let’s meet tomorrow in Hong Kong!

プログラミングの真骨頂「数の箱」でクリスマスツリーをよりゴージャスに!Let’s meet tomorrow in Hong Kong!

長野県の山あいの村「南相木村」に通って2年、小学1年生のこの子はAtoZタイピング 7秒 に到達。

この日もマイブーブ「2Dクリスマスツリー」でLチカ。南相木村の子はキーボードなれしてきたので低学年もBASICでプログラミング。

高学年・中学生はもっとできる、「数の箱(変数)」を使ってゴージャスLチカ。

1  'だんだん速くなるLチカ in IchigoJam BASIC
10 T=60
20 OUT17:WAIT T
30 OUT0 :WAIT T
40 T=T-1
45 IF T=0 GOTO10
50 GOTO20

これは点滅がだんだん速くなるプログラム。

// だんだん速くなるLチカ in IchigoLatte JavaScript
while(1){
var t=1000;
while(0<t){
 out(17); sleep(t);
out(0); sleep(t);
t=t-20;
}
}

JavaScriptならこんな感じ。

1万円/月 の村営住宅はほぼ完成。南相木村で最先端の自治体を一緒に作りませんか?


Let’s meet at “Learning & Teaching Expo 2018” in HongKong!

明日は香港、「Learning & Teaching Expo 2018」で会いましょう!









.

HDMIでUSBなIchigoIgai、既存機材の流用時にいかが?

HDMIでUSBなIchigoIgai、既存機材の流用時にいかが?

HDMIモニタでUSBキーボードなIchigoIgai作り。

まずは HDMI Converter(¥799)を準備。黄色いVIDEO信号をHDMIに変換してくれます。

そして PS2/USB逆変換アダプタ(¥2,400)。USBキーボードからの信号をPS2信号に変換してくれます。

それらを IchigoIgai に合体、まるで超合金ロボ。

あとは IchigoDake を挿して電源ON、部屋の隅にあまっているHDMIモニタに10年以上愛用のUSBキーボードで IchigoJam できちゃいます。

これをケースに入れればスッキリしますね。既存機材の流用に重点がある場合には、こういうやり方もどうぞ。









.

Cool shining in your way, let’s program the 2D Christmas tree! / 君の光らせ方でカッコよく、2Dクリスマスツリーをプログラミングしよう!

Cool shining in your way, let’s program the 2D Christmas tree! / 君の光らせ方でカッコよく、2Dクリスマスツリーをプログラミングしよう!

Programming experience at primary school in Sabae. Sabae city is top runner about kids programming.

鯖江市の小学校でプログラミング体験。鯖江市は全小学校にプログラミングクラブがあり、世界的に見ても最先端な自治体。

I visited there with Fukuno about two years ago. [last year]

福野くんと二人で訪れて、はや3年目ぐらい。[昨年の様子]

I taught 5th grade students and Fukuno taught 6th grade.

僕は5年生を担当、福野くんは6年生を担当

5th grade students experienced LED blinking with 2D Xmas tree. 😉

5年生にはLチカ体験。100均で売っていたクリスマスイルミネーションを2つ持って行き、児童たちに光らせ方をレクチャー。

Kids can control the Xmas tree own way by programming. [how to make]

プログラムで光らせれば複雑な光り方も手軽に思い通り、100均さん、いつも材料提供ありがとうございます。[作り方はこちら]

Kids experienced the robot and the automatic car in the second half.

5年生の後半はカムロボ×Radish

In the programming, LED blinking and Robot controlling are same. The Kids Car “Radish” will stop in front of wall by your program.

Lチカもロボットも、プログラミングは同じ。壁にぶつからずにピタッと止まろう、じどううんてんしゃ「Radish」

Please come to the summit where the mayor of Sabae city will come “Kids Programming Summit 2018“.

プログラミング教育で最先端をいく自治体「鯖江市」の牧野市長もやって来る、第4回 こどもプログラミング・サミット 2018、ぜひご参加ください。









.

IchigoJam BASICお手の物な前原小の高学年ならobjectをnewしてゲーム作っちゃうかも!?IchigoLatte JavaScriptで自分だけのコマンドを作ってみよう!

IchigoJam BASICお手の物な前原小の高学年ならobjectをnewしてゲーム作っちゃうかも!?IchigoLatte JavaScriptで自分だけのコマンドを作ってみよう!

前原小学校で取り組んでいるプログラミング、6年生はJavaScriptに挑戦中。JavaScriptはプロの現場でも好んで利用されている言語。

JavaScript言語はIchigoJam機でも利用可能。IchigoLatteを入手するか手持ちのIchigoJam機に IchigoLatte OSインストールするだけ。

IchigoLatteも起動は1秒、起動すると

lash>

と出ます。

プログラムを組むには

vi

と入力。

この時、Latteカップが大量に出たらIchigoLatteが新品である証。

慌てずに [ESC]キー で lash に戻り、

echo>.

と入力してLatteカップを消去。

再度 vi に行くと綺麗になっています。

IchigoJam BASICでおなじみ、LEDライトをつけるには

led(1);

最後に付いている「;」はコマンドの区切り記号。

入力したら [ESC]キー を押すと Save されて lash に戻りますので、

ms .

で実行してみましょう。

LEDが点灯!

つかない時はきっと記述ミス、vi に戻って確認しましょう。

消す時は led(0) 。

[ESC]キー で lash に戻って実行。

ms .

消えます、おぉ〜。

次は点けて消してみます。vi で

led(1);led(0);

を入力、[ESC]キー でSaveして “ms .” で実行。

見えますか?点けて消すのは一瞬、これがコンピュータの仕事の速さ。

人間の速度に合わせてもらうには sleep() コマンドを使ったりします。

led(1);sleep(1000);led(0);

今度はしっかり目に見えますね、”sleep(1000)” は “1秒そのまま”。

3回点滅はこんな感じ。

led(1);
sleep(1000);
led(0);
sleep(1000);

led(1);
sleep(1000);
led(0);
sleep(1000);

led(1);
sleep(1000);
led(0);
sleep(1000);

プログラムが横長になると見にくくなるので改行して見やすく、個人的に。

これで確かに3回点滅しますが、10回はどうしましょう?このまま10セット書いてもいいですが今回は自分でコマンドを作れる便利機能を紹介。

function onoff(){
  led(1);
  sleep(1000);
  led(0);
  sleep(1000);
}

“function” は「私の自作コマンド作ります」の意味、ここでは “onoff” というコマンドを作成。もちろん名前”onoff”は自由に。コマンドが何をするかは “{…}” の中に記述。ここでは「1秒点けて1秒消す」というミニプログラム。この4行のミニプログラムを “onoff” というコマンド名で実行可能。

onoff();
onoff();
onoff();
onoff();
onoff();
onoff();
onoff();
onoff();
onoff();
onoff();

これで10回点滅も手軽に記述できるように、自作コマンド “function” 便利!

みんなも自分だけのコマンド、作ってみよう!JavaScriptのオブジェクトはこの コマンド自作機能 を利用するよ!

IchigoJam BASIC と IchigoLatte JavaScript は兄弟、それぞれ対応表を見れば一目瞭然。

プログラミングに慣れて来たらJavaScriptにも挑戦してみるのはどう?前原小学校の高学年なら object の new までやれちゃうかも!?










.

噂のSAKURA.Jamを高火力に魔改造!KidsVentureは挑戦意欲溢れる次世代の創出に貢献中!

噂のSAKURA.Jamを高火力に魔改造!KidsVentureは挑戦意欲溢れる次世代の創出に貢献中!

今年もたくさんのこども達にプログラミングを届けてくれたKidsVenture、ありがとうございました。

日本全国、そして世界へ、病院にも、こども達がいるところへはどこへでも、それがKidsVenture。

振り返りの会にはPCN仙台の親方と裏ボスも登場して、なぜかはじまる「第1回 SAKURA.Jam 表面実装大会」。

突如参加者がはんだごてを握り、目もショボショボする面実装を開始。

なんとか取り付け。ちょっと見た目悪いけどチェックは通った、2位!

共立電子さん、持って来てくれてました「エモグラス」!これは本当にエモい。

共立電子さんからは来年のカレンダーもいただきました。

カレンダーの裏が1枚1枚マニアック。。。

さくらさんからは噂の SAKURA.Jam 、いただきました!

たこやきのうまい大阪、今やフォーレナーで溢れかえってました。


いただいたSAKURA.Jam。

さっそく組み立ててみましょう。

まずは抵抗の足を折り曲げて。

差し込む。

こんな感じ。

付け根を半田付け。ハの字に開いておくと落ちなくて便利。

ハンダの量はこんなぐらい、多すぎるのは良くありません。

足を切ります、飛ぶので指で押さえましょう。

これくらい短く。

こんな仕上がりです。

あとは残りのパーツを付けていきます。背の低いやつから付けていくと楽。たとえばこのmicroUSB、後ろ足は曲げて穴に入れてもいいですが、入れないのもOK。

まずは前足を1箇所付けてみました。

1箇所付けたらずれたり傾いたりしていないかを確認。1箇所ハンダならズレを直せます。

ずれがなければ残りの足をハンダ。前足には力がかかるのでハンダ多めに。

C3,C4は 150 。

C1,C2は 106 、お間違えなく。

ここも力が加わります、多めにハンダして補強しましょう。

残る足は意外と長いので切ってみました。

途中この部品は向きがあるので注意。

LEDにも向きあり、長い足が右の穴。

完成。圧電スピーカーは半田付けなし、ソケットに刺して使います。が、魔改造もあり。

どうでしょう、まぁまぁきれい?

封筒のロゴにぴったり、という演出、気持ちいい。

首から下げるための穴も基板にあいてます。

なんと、お土産のSAKURA.Jamに加えて、面実装大会に参加してもらったSAKURA.Jam、2つになったので SAKURA Internet ロゴを完全再現可能!

せっかくなのでこうやって合体。

SAKURA.Jamデュアルコア版、さくらは高火力

SAKURA.Jamはレアアイテム、入手は困難?ですが、今年のサンタセットはまだ受付中。組み済みのカムロボは組み立て5時間を短縮できるチートアイテム、くつ下から取り出してすぐにはじめられるプレゼント、購入は12/10〆切!









.

音楽室にはグランドピアノ、各児童にはIchigoJam、前原小が行き着いたプログラミング授業は楽しさ満載!

音楽室にはグランドピアノ、各児童にはIchigoJam、前原小が行き着いたプログラミング授業は楽しさ満載!

小金井市前原小学校で行われた公開授業「小学校プログラミング授業の通奏低音 ー 全部IchigoJam !!!!」。

1年生はIchigoJamにタブレットをつないでLチカ(LEDの点灯)。

タッチ&ドラッグでプログラミングできる「カトラリーApps」を利用、Android,Windows,iOSで動作可、無料。

4つのLEDを綺麗に光らせるプログラミング、前原小専用基板「前原1号」を利用。

2年生は体育館でIchigoJam

こどもじどうしゃ「Radish」をプログラミング。

2年生もカトラリーAppsでプログラミング。

プログラムができたらIchigoJamを じどうしゃ に刺す。

すると組んだように動き出す、つまり乗れるカムロボ

3年生はIchigoJamにキーボードをつないでBASIC言語にチャレンジ。

キーボード入力ははじめてとのことで、説明書を見ながら。その説明書は紙ではなくタブレット内に、ICTの活用。

クローラー(キャタピラ)でどこでも走れるカムロボ、教室中大賑わい。内容は「壁にぶつからずに止まる」プログラム。

10 IF ANA(2)<400 OUT33
20 IF 400<ANA(2) OUT0
30 GOTO10

おそらくこんな感じ、簡単。

4年生もIchigoJamにキーボードをつないでBASIC言語。

こちらは明るさセンサーで白黒を読み取るプログラミング。

白だったら左、黒だったら右、とプログラムするだけでこのような動き。

10 IF 500<ANA(2) OUT32
20 IF ANA(2)<500 OUT1
30 GOTO10

おそらくこのようなプログラム、簡単。

ちなみにこの内容は静岡では中学3年生が技術家庭でやっていた内容。前原では小学4年生、どちらがいいというわけではありませんが、2020年以降、自治体や校長の方針によって全国各地でこのような違いが出る、ということ。

5年生ももちろんIchigoJamにキーボードをつないでBASIC。

画面内でキャラクタをアニメーションさせるプログラム。

ダンボールの蓋がうまく譜面台になるようにクリップ、ナイスハック。

階段状に絵柄を出す。

絵が十字にアニメーションされて表示される。このプログラムはプリントになく、自ら考えて作ったもの。

5年生ともなればキーボードはお手の物。打つのも早くどんどん面白いものを作る。

最後はIchigoJam生みの親 福野くん の講演。

そして僕も前原小との取り組みのお話。

音楽室にはグランドピアノ、各児童にはリコーダー。コンピュータルームにはラップトップ、各児童にはIchigoJam。ちなみに今回使われていたのはIchigoJamの小さい版「IchigoDake」、筆箱にも入る。

お招きいただき、ありがとうございました。

こちら、昨年、前原小で使われていた手作りのLチカキット。

それを見かねて作った「前原1号」、前原の校章入り。ご入用の方いましたらお譲りしますのでご連絡を

カムロボ生みの親 石崎さん も来校した前原小学校公開授業、松田校長の最先端なプログラミング挑戦は楽しさ満載。


松田校長もやってくる「こどもプログラミング・サミット2018」は12/26、福井にて。全国各校で固まって来たプログラミングの取り組みを一挙公開!

お見逃しなく。









.