IchigoJamカムロボのデバッグからラズパイ製品の現場調整まで、立ち乗りでこなすIchigoDyhook!

IchigoJamカムロボのデバッグからラズパイ製品の現場調整まで、立ち乗りでこなすIchigoDyhook!

先日に引き続き、次はこちら、様々なパソコンをIchigoDyhookにつなぐための変換基板「DPC – (Dyhook for PC)」。パソコンのモニタ出力を黄色いケーブルでDyhookに、DyhookのキーボードをmicroUSBケーブルでパソコンへ。

まずは こどもパソコン IchigoJam 、Dyhookのキーボードをさして、Dyhookのモニタに映します、問題なし、快調。

なので パソコン内蔵ロボ「カムロボ」も問題なし。ロボット体験のデバッグがはかどります。

お次は 製品内蔵向けパソコン RaspberryPiIchigoJam BASIC RPi を5秒で起動、キーボード( PS/2,USB 両対応 )も効いて画面もきれい。

Raspbianも起動テスト。

マウスつなげばScratchも動きましたが、画面の狭さがツラい。工業製品に内蔵されたラズパイの現場調整なんかに便利そう!

IchigoDakeの端子はこうなってます、仕様はオープン!

キーボードとモニタとバッテリーが一体になった IchigoDyhook はどんなパソコンも接続可能!










.

ガチャピン・ムック 親子で学ぶ プログラミング教室!

ガチャピン・ムック 親子で学ぶ プログラミング教室!

フジテレビ本社にて、ガチャピン・ムック プログラミング教室

福井から こどもじどうしゃ Radish を6台持ち込み。

遠足でやってくるギャング達も。

なんと赤色Radishは特別仕様、プロペラ付き!

自分で組んだプログラムに乗り込むのは、楽しい!

なんと長崎から、バンコクで出会った高藤さんがご来場、PCN長崎 はじまるかも!?

PCNのみなさん、お手伝いいただき本当にありがとうございました!

ガチャピンDake、ムックIgai はPCNより今春販売予定!










.

日本の文科省、プログラミング教育の手引 第三版 を公開、「企業と連携」が追加

日本の文科省、プログラミング教育の手引 第三版 を公開、「企業と連携」が追加

文部科学省から「小学校プログラミング教育の手引 第三版」が公開されました。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm

「企業と連携した授業」が明記され、今後は企業が環境面や技術面をサポートし、児童と先生がそれらを十分に習得した後、先生主導で 的思考の育成 や 単元での活用 が行われていくと考えられる。

PCNでは各校をサポートすべく、みなさんの参画をお待ちしています。










.

IchigoDyhookに立ち乗りで先生できる!Video信号切り替え基板完成!

IchigoDyhookに立ち乗りで先生できる!Video信号切り替え基板完成!

最高アイテム IchigoDyhook ですが、先生役をやるときにプロジェクターに映したいなーというのが唯一の悩み。そこで作ったのがこの基板「DVD – (Dyhook Video Dake)」。

こんな風に使います。

スイッチで切り替えれば、

手元のモニタに映すことも。

これで Dyhook で先生役も楽々!










.

もはや村民は車から降りる必要はない。南相木のこども達と作った「自動鹿柵ゲート」ついにお披露目!

もはや村民は車から降りる必要はない。南相木のこども達と作った「自動鹿柵ゲート」ついにお披露目!

通いに通って4年、長野県南相木村。

この村では村主体で幼稚園からプログラミング寺子屋やってます。

そして大きい子のクラスで長らく製作して来た「自動鹿柵ゲート」が、

ついに完成!!

山に張り巡らせている鹿柵、車が来てクラクションを鳴らすと自動で開き、通過してクラクションを鳴らすと閉まるというお手軽仕様!

もはや村民は「車から降りてゲートを開けて、車に乗って車を進めて、車から降りてゲートを閉めて、車に乗り込む」という一連のわずらわしさから解放されます。

南相木のエースプログラマは受験を控えた中3女子、ゲートにモニタとキーボードをつないでIchigoJam BASICでデバッグ!

いよいよ次回は実際の柵に取り付けて動作試験!?欲しい方は予約受付中、私までご連絡ください!


はじめて見せてもらった南相木村の タイニーハウス こと「コワーキングスペース」、かっこいい!

カラマツ材の香りがとってもいい。

なんと、ロフトもあり。

超静かな山の中にあり、窓の景色も最高の集中専用環境。

目の前は釣りで有名な立岩湖、「釣り×集中仕事」という優雅な環境。

素敵なコワーキングスペースもある南相木村は、北陸長野新幹線 佐久平駅 から車で1時間、今度の雲隠れに使わせてもらおう!










.

PCN勝山「こども達にプログラミングを伝えたい」人向けIchigoJam BASIC講座開催!

PCN勝山「こども達にプログラミングを伝えたい」人向けIchigoJam BASIC講座開催!

PCN勝山クラブは、”こども達にプログラミングを伝えたい大人” 向けの入門講座を開催します。講師は僕、IchigoJam BASICを利用し「コンピュータの面白さ」や文科省が提唱する「プログラミング的思考」に触れてもらいます。

「こども達とプログラミングで遊びたい」方、「小中高校の教育関係者」の方、「コンピュータで身近なモノづくりをしたい」方、お待ちしています。

[場所] PCN勝山クラブ
[日時] 2/18(火) 午前9:00〜 (数時間)
[お代] 熱い思いをいただきます
[問い合わせ] http://fukui.pcn.club/katsuyama/

今回は都合上 平日の午前 ですが、ぜひどうぞ。










.

先生も面白い「IchigoDake」は「プログラミング的思考だけ」が入った一人一台パソコン、¥980!

先生も面白い「IchigoDake」は「プログラミング的思考だけ」が入った一人一台パソコン、¥980!

IchigoJam の核だけ切り出した IchigoDake は¥980、「プログラミング」に特化して初学者に必要な機能のみ、それ以外は削ぎ落とされています。

小学生のうちに触れておいてほしいプログラミングの基礎は以下。

  1. 命令は順次実行され、時にジャンプする
  2. 変数に値を記憶できる
  3. プログラムとは「組む」もの(もしくは「描く」)

特に 3. は重要。

プログラミングをやりだすと、プログラミング以外のことに気を奪われがち。文部科学省もそれを懸念し、

小学校におけるプログラミング教育のねらいは

(1)「プログラミング的思考」を育むこと
(2) プログラムの働きやよさ、情報社会がコ ンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことがで きるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解 決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと
(3) 各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なものとすること

[ 小学校プログラミング教育の手引(第二版) ]

と記述しています。(2)や(3)もいいですが、やはりイチオシは(1)。

ちなみに「プログラミング的思考」については、

「プログラミング的思考」とは「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要 であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいい のか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づ くのか、といったことを論理的に考えていく力」

[ 小学校プログラミング教育の手引(第二版) ]

と記述されていて、まとめると、「”プログラミング” をすることが ねらい なのであって、それ以外のことに ねらい がズレないようにしましょう」ということ。


昨年から2年間かけて12コマ通った福井県勝山市の鹿谷小学校

  • 1,2コマ目:はじめのいっぽ(川下り)
  • 3,4コマ目:カムロボ&Radish
  • 5,6コマ目:LEDロープでクリスマス
  • 7,8コマ目:カムロボ&Radish
  • 9,10コマ目:LEDロープでクリスマス
  • 11,12コマ目:変数 + カムロボ&Radish

総合の授業で行いました。こども達には 自ら考える力 がつき、どんどん発想してどんどん実行します。先生はこども達に押されつつも

「プログラミングが面白い、つい手を出したくなるのを抑えるのが大変」

と笑いながら話してくれました。

驚きは僕の想定以上のプログラムを描いた子が現れたこと、才能がある子っているんですね。

女子たちが何をしているのかと思ったら、シンクロナイズド・ダンシング。僕はノータッチで、勝手にマルチスレッドの域に学習を広げていました。

ここまでできるようになったらバッチリ「プログラミング的思考」はゲット済み、2020年4月を前に1つの成功例としてこのBlogに綴ります。

校長先生、楽しい時間をありがとうございます


“プログラミング” とは関係のないモノを極力削ぎ落とした一人一台パソコン「IchigoDake」には「プログラミング的思考だけ」が入っています。










.