「学校でもプログラミングのじゅぎょうをしてほしい」「社会へ活用していきたい」「プログラミングはとても楽しかった」「これからもプログラミングをしたい」「いろんな機械をプログラムして動かしてみたい」「ぼくもあんなプログラムができるようになりたい」「プログラミングするだけで未来の自分にやくだつとは思ったのははじめて」

「学校でもプログラミングのじゅぎょうをしてほしい」「社会へ活用していきたい」「プログラミングはとても楽しかった」「これからもプログラミングをしたい」「いろんな機械をプログラムして動かしてみたい」「ぼくもあんなプログラムができるようになりたい」「プログラミングするだけで未来の自分にやくだつとは思ったのははじめて」

先日おとずれた淡路島 加茂小学校 から、うれしい感想が届きました。

絵日記な感想、うれしくて涙ちょちょぎれ、みんな絵が上手い!

学校でもプログラミングのじゅぎょうをしてほしいと思いました。

私はプログラミングを通して、社会へ活用していきたいと思いました。

プログラミングはとても楽しかったのでまたしたいです。

もっとこれからもプログラミングをしたいです。

プログラミングはすごくおもしろかったです。

私もいろんな機械をプログラムして動かしてみたいなと思いました。

ぼくもあんなプログラムができるようになりたいとおもいました。

自動うんてんができたあとかいぞうをしたらすごいことがおきたからです。またしたいです。

プログラムではいろんなものをプログラミングするだけで未来の自分にやくだつとは思ったのははじめてです。これからもプログラムをやってプログラムがいっぱいできるようになりたいです。

みんな感想ありがとう!また呼んでね!









.

淡路にあった最先端「洲本市立 加茂小学校」!パッションあるところには「松田×松田」が伺います!

淡路にあった最先端「洲本市立 加茂小学校」!パッションあるところには「松田×松田」が伺います!

2月の前原小で出会った淡路の美濃校長。

電撃の出会いからいっきに淡路島は洲本市 加茂小学校 にきました。

一刻も早く取り組まなければと、すぐにスクールセットを35台、

カムロボも6台ゲットした美濃校長。

僕はこの日のために大人気「Radish」をお送りしました(レンタル)。

元気で素直な5、6年生58名!

キーボードもすぐに覚えて自在にカムロボを動かします。

3角歩き、4角歩き、そして円歩き!

Radishで自動運転もやって、こども達は地元紙に登場!これからしっかりと地元を支えて行ってください!

後半はPCN代表補佐官「松田孝」による先生やPTAの方々向けプログラミング講座!学校長経験の立場からプログラミングの魅力をたっぷりと!

給食の淡路島牛乳はあまくておいしい!

そして日本では聞いたこともない「スマホ持ち込み自由」ルール!!こども達はルールの元 授業中でも使用可能とのこと。淡路にあった最先端!!

市役所にも訪問し、これは洲本市からは目が離せません。

もうとやかくやっている時間はありません。周りにあるものなんでも使ってプログラミング、楽しみましょう!ICT整備とプログラミング教育は別件!何もなければアンプラグドだってやれますし、淡路島洲本市加茂小学校でのPCN購入で生まれた「パッション割」も *パッション* があれば可能です。

「松田×松田」であなたの学校に伺います、ぜひお声掛けください









.

すでに200の小学校で採用!IchigoJamの兄弟「FunTick」は中国全土で活躍中!

すでに200の小学校で採用!IchigoJamの兄弟「FunTick」は中国全土で活躍中!

やって来ました、中国、北京!

さすがは首都、たくさんの企業が集まっています。こちらは Didi、タクシー配車企業。

IBMも。

Weibo。

Baidu。

そして新社屋建設中、Tensent。

そして PCN北京 !

パプリカいます!

カムロボも!

オリジナル信号機!

アベンジャーズ グローブ!? by IchigoJamの兄弟「FunTick」!

そしてこちらの大学で行われたのがPCN北京も参加するイベント、

「Circle Plan Project」 supported by LG電子。

国じゅうの秀才が集まる都市「北京」、北京大学、清華大学、たくさんの大学があります。”Circle Plan” の概要はこう。

  1. 長期休みで田舎に帰省する学生にリュックをプレゼント
  2. リュックの中にはサッカーボールやクレヨン、そして 「FunTick」
  3. 学生にリュックの中身をレクチャー
  4. 帰省して地元のこども達と中身を楽しむ!

彼は前回、FunTickを地元に持って帰って学校でプログラミングを楽しんだ元学生、今月からは Huwaei 社員!

FunTick BASIC でロボットの目をLチカして楽しんだとのこと。

そしてこれが今回のリュック達。

どんだけー!?

すでに200の小学校から FunTick を採用との連絡がPCN北京に来ているとのこと、さすがは中国、1校で10,000人の児童がいる小学校でも体験会をやるなど、とにかく壮大です。

北京のバスは「路面電車」、運転するの難しそう。

北京で若者に大人気の料理「ザリガニ」は並んでも食べられないほど!

PCN北京 は「すべての中国にプログラミングを」!










.

How to count the number of rotations? / 回転数をカウントしたい!?中学校の技術科にIchigoJam便利!

How to count the number of rotations? / 回転数をカウントしたい!?中学校の技術科にIchigoJam便利!

Maii! (Hello)

まいー!(こんにちは)

First, let’s prepare a magnet and a reed switch.

まずは 磁石 と リードスイッチ を用意。

Attach a magnet to the rotating thing.

回転体に磁石を取り付けます。

Connect your reed switch to your IchigoJam.

リードスイッチはIchigoJamに取り付けます。

I connected to IN1 this time.

今回は IN1 につなぎました。

10 VIDEO5:C=0:?C
20 PWM2,200
30 IF IN(1)=0 C=C+1:?C:WAIT10
40 GOTO30

The program is this.

プログラムはこんな具合。

I was able to count well. Smaller magnets are better.

非接触でうまくカウントできました。磁石はもっと小さいのがいいですね。


中学校の技術科にIchigoJam便利!乞うご期待!

Maimai. (Goodbye)

まいまい。(ではまた)









.

「三昧」は理想の学び!OUTPUTはどんどん世界へ発信しよう!

「三昧」は理想の学び!OUTPUTはどんどん世界へ発信しよう!

「作ってみたは正義」、NT金沢に行ってきました。

金沢API「5374App」。

それを利用した「ごみを色でお知らせデバイス for 玄関」、家庭円満にはこれが必要。

王蟲もいました、常に怒ってます。

レトロなマシンが並ぶブース。

オシロスコープの原理で映るモニタ、こんなのもあったんですね。

お好きなゲームパッドをお好きなゲーム機に接続する中継アダプタ、どれをどれにでもつなげちゃう!

これは楽しかった、タイプライター。実物を打ったのははじめてかも?軽快で気持ちいいキーボードの祖先。

もう何が何だか、ミニチュアマシンたち。

ぴゅう太もこの通り。

こちらは動画で見たことある HDD演奏機 、鳴りますねぇ。

みんな大好き「パチパチくらっぴー」による合奏!

みんな、ほんと好きですねぇ、「ものづくり三昧」。

福野くんもいました、IchigoJamブース!


「教育」に「三昧」を取り入れるというロボコンの父 森政弘さん のアイデアはまさにこれからの学校が歩む道、再放送「ふたつをひとつに-ロボットと仏教-」は7/6(土) 13:00〜、ぜひご覧ください!

前原小学校、9年先ゆく「小金井市」の 大熊教育長 はまさに最先端三昧!

「昭和」に始まった “海外から知識を取り入れるための英語教育” はようやく終わりを告げ、これからの「令和」は “海外へ発信するための英語教育” に。

OUTPUTはどんどん英語で発信しよう!









.

NHKラジオ「子ども科学電話相談」に質問した「わかたけ こうき」さんへ

NHKラジオ「子ども科学電話相談」に質問した「わかたけ こうき」さんへ

福井感たっぷりなパワーワード「プログラミングの恐竜化」で期待が高まる NHKラジオ「子ども科学電話相談」のプログラミングジャンル、「わかたけ こうき」さん(小6)からの質問はこう。

算数の授業では数の平均を求める方法として数を全部足してから個数で割るって習いますが、コンピュータで計算させる時にとてもいっぱいの数とか大きな数の平均を求める時にはどうしていますか?

とても良い質問、さすがです。

番組の中で岡嶋さんが答えた方法は3つ。

  1. 変数の型を大きくする
  2. 桁を分けて計算する
  3. 自分であみだしてみる

(1)はプログラミング環境に依存するため わかたけ さんはさっそく (2) を検討していましたね、さすがです。

では(1)〜(3)をやってみましょう。

(2)桁を分けて計算する

10 A=14080
11 B=14060
12 C=14040
13 D=13020
20 E=A/100:F=A%100
21 G=B/100:H=B%100
22 I=C/100:J=C%100
23 K=D/100:L=D%100
30 X=(E+G+I+K)/4
31 Y=(E+G+I+K)%4
32 Z=(F+H+J+L)/4
40 ?(X*100)+(Y*100)/4+Z

「%」(あまり算)を使ってこんな感じでどうでしょう?ちょっとややこしいですね。簡単にするために、単位が m(メートル) とかなら km とかにして、端数は捨てるというのも手ですね、k(キロ)にすれば3桁少なく計算できます。

(3)自分であみだしてみる

10 A=14080
11 B=14060
12 C=14040
13 D=13020
20 ?(A+B+C+D)/4
21 ?((A+B)/2+(C+D)/2)/2
22 ?A/4+B/4+C/4+D/4

算数で習うであろう20行目の方法だと指摘の通り桁あふれでおかしな答え。でも21行目のように2つずつセットに平均を求めて、出た平均をまた2つ平均する、とやっていけばうまく行きます。ただし「2つを足した時には桁あふれしない」という前提が要りますし、データの個数が 2のn乗個 でない時は何か工夫する必要があります(半端分の個数は捨てちゃうとか無理やり個数増やすとか)。22行目は各数値をデータ個数で割ってから足していきます、これでも出ますね。

(1)変数の型を大きくする

わかたけ さん、番組では「BASICを使っていて、1億も扱えない仕様」と言っていました。

PCNプロコンで「優秀賞」をゲットした「イチゴーグ」の 若竹康輝 さん ですよね?

「イチゴーグ」はソースコードも含め、最高の作品でした。先月はシリコンバレーにも持って行って MakerFaire Bay Area 2019 で展示してきましたよ。

さて、IchigoJamボードをお持ちなら IchigoLatte JavaScript焼き変えることも手です(秋葉原Assemblageに持って行っても焼き変え可能)。Latte JS の整数は 2,147,483,648 まで扱えます。扱いたいデータの合計がこの範囲ならこれで楽できます。

ですが、もっと大きな数になる時にはもっと大きな変数が欲しくなりますし、もっともっと大きな数になる時にはやはり(2)や(3)の方法になるでしょう。(マシン語を使えば(2)の方法を簡単にしてくれるかも?)

聞き逃した方はこちら、1:30ぐらいからどうぞ。プログラミングの恐竜化(36:00あたり)、楽しみですね!


理論や理想だけではうまくいかないのが現実、そこと向き合うのがこの宇宙。

若竹さん、今年もクレイジーな作品、待ってるよ!









.