Want to detect loud sounds with IchigoJam?

Want to detect loud sounds with IchigoJam?

IMG_4353

I create Sound Sensor.

音センサーを作りました。

IMG_4356.JPG

This is circuit fig. Transistor is 2SC1815. Please teach me good idea for this circuit if you have.

回路図はこんな具合。トランジスタは 2SC1815 です。改良案あったらください。

IMG_4354

You can get a sound value by connecting to VCC,GND and IN2. It is IchigoLatte JavaScript in this case, you can also do with IchigoJam BASIC.

VCC,GND,IN2 に接続すると、ANA(2)で大きな音を検知できます。写真はIchigoLatte JavaScriptですが、IchigoJam BASIC でももちろんOK。

IMG_4355.JPG

I got the value! 40-50 for silent, 500-700 for loud.

Let’s go Minamiaiki-mura Nagano-ken this week end!

値取れました!無音で40~50、大きな音がなると500~700ほどになります。

さて、これ持って今週末は長野県 南相木村 で寺子屋

 

 

 

 

 

.

紙幣に表されるルワンダの想い、アフリカのこども達にも届けようPCN IchigoJamプログラミング!

紙幣に表されるルワンダの想い、アフリカのこども達にも届けようPCN IchigoJamプログラミング!

IMG_3585

せっかくですので、アフリカ ルワンダ紀行について書こうかと思います。

IMG_3602.JPG

初のアフリカ、今回は香港を経由しての移動です。香港でKidsVenture高橋さんと若狭さん、そして片岡さんと合流。日本在住のマダカスカルの人も道連れの図。

IMG_3638.JPGIMG_3606.JPG

エチオピア航空で香港からアディスアベバ、これが長かった。これが長かった。

IMG_3657.JPG

アディスアベバの空港は改装中。5年後には超綺麗な空港に生まれ変わるとのこと。

IMG_3651.JPG

こちらが話題沸騰中、インジェラ。おしぼりのように見えるクレープ生地状のものがそれです。エチオピアの伝統的な食べ物とのこと、機会がありましたらぜひどうぞ。ぜひどうぞ。

IMG_3667.JPG

こちらは神戸で聞いたことのあるサンブサ。肉が入ったものや豆が入ったものがあり、だいたい想像通りの味がします。

IMG_3699.JPG

ルワンダ キガリに到着したような顔をしていますが、完全に勘違いボーイです。こちらはブルンヂ共和国、ルワンダの隣の国です。この人のように、各駅停車な飛行機で降りてしまわないように注意してください。入国前に止めてくれた警備員さんありがとう。

IMG_3711.JPGIMG_3703.JPG

アフリカの大地はダイナミック、そして赤い。

IMG_3719.JPG

今度こそルワンダ、キガリの空港です。

IMG_3746.JPG

市内を少し歩いているところ。夜でも安全な雰囲気がありました。

IMG_3747.JPG

24時間営業なコンビニもあります。

IMG_3755.JPG

日本食レストランも3〜4件あるとのこと。こちらはアジアン料理屋さん、冷やし中華が気になりますが食べれずじまいでした。

IMG_3783.JPG

ルワンダといえばここです。「なんでそんなことが起こるの?」と思いますが確かな事実。そしてわずか20年ほどで今の状況にまでなったこともまた事実。アフリカの奇跡、まさにです。

IMG_3849.JPG

キガリの街はすごく綺麗。舗装もしっかりしているし、埃っぽさも気になるほどではなく、造りが丁寧です。他のアフリカ諸国は知りませんが、アジアの国々とはまた違った感じです。

IMG_3807.JPG

靴が壊れるという事態に丁寧に対応してくれたお姉さん。昼食の間に靴屋さんに持って行って直して来てくれました、400フラン。ほんと早い、ありがとう!

IMG_3817.JPG

アフリカではJUMIAという通販サイトが定番のようで、こちらはそのFOOD部門。出前の総合サイトで、注文するとこのようなバイクで持って来てくれるんだとか。ちなみに国内の宅配流通はほとんど整っていないとのこと。旅の途中 DHL のトラックを1台見かけた程度です。

IMG_3835.JPG

お礼に JUMIA FOOD ルワンダ のマネージャーに五月ヶ瀬を渡しました。ルワンダに渡ったはじめての五月ヶ瀬かも!?

IMG_3864.JPG

ルワンダに会社を設立の際は ルワンダ デベロップメント ボード(RDB) へどうぞ。6時間で受理され、法人活動を開始できます。ルワンダはアフリカのシンガポールのよう。

IMG_3086.JPG

RDBのチーフにも会うことができました。ルワンダを拠点としたアフリカへのPCN展開、進みそうです。

IMG_3837.JPG

ルワンダにはDMMさんもいます。DMM.HeHe、新規事業を構築中、ランチご一緒いただきありがとうございました。

IMG_3915.2.JPGIMG_3913.JPG

在ルワンダ日本大使の公邸にお招きいただくという、事態が発生。

IMG_4103.JPG

宮下大使と楽しい時間を過ごさせてもらいました。この国はどことなく鯖江の雰囲気!?

IMG_3856.JPG

ルワンダの食事はこんな感じ。お米もありますし、豆料理も多いです。芋もおいしいですね。牛肉の料理も多く、おいしい。右上のオレンジ色のやつはバナナの煮物。といっても煮物用のバナナで、まるで芋。白い餅のようなものはウガリ、片栗粉の固めたやつ、という感じ。

IMG_3884.JPG

Barでも開発できます。僕が翌日の教室の準備をしている横で、LEDロープを持って来てる福野くん、クレイジー。

IMG_3971 copy.JPG

ワークショップFABLABにて。

IMG_4111 copy.JPG

ワークショップTCTにて。

PCN&KidsVentureで臨んだアフリカ ルワンダ IchigoJam 教室は大成功!お世話になった皆さん、ありがとう!

IMG_4126.JPGIMG_8131.JPG

ルワンダにも電子パーツ屋さんFARANUXありました。お店は小さいですが、抵抗やコンデンサはそろってますし、サーボやセンサーなど、主要なものはしっかりそろっています。注文を受けてすぐにパッキングして発送するらしく、これならルワンダでも開発できそう。

IMG_3891.JPG

なぜか福井人が多いルワンダ。KasaiさんTanakaさん、大変お世話になりました、ありがとうございます!!


 

IMG_4163.JPG

帰りの機内、財布に1枚だけ残っていたルワンダ紙幣を眺めていたら、なんとこどもたちが1人1台ラップトップを操っているではありませんか!この国の覚悟が見えます。まさにPCNのためにある国です。

すべてのこども達にプログラミングの機会を、アフリカに向けて「PCN ルワンダ」、スタート!?

 

 

 

 

 

 

.

There are also Kosen-sei in Tumba College of Technology Rwanda. Let’s start PCN Tumba!

There are also Kosen-sei in Tumba College of Technology Rwanda. Let’s start PCN Tumba!

IMG_3990

We came to TCT(Tumba College of Technology).

ルワンダにある高専?、TCT(Tumba College of Technology)にやって来ました。

IMG_3996.JPG

It is a 3 years college made by JICA.

JICAの支援によって建てられた3年制の大学とのこと。

IMG_3999.JPG

Truly Kosen, the circuit board is dropping.

さすが高専、校庭に基板が落ちています。

IMG_4030.JPG

The venue is just a new school building in February this year!

会場は今年の2月にできたばかりの新校舎!

IMG_4007.JPGIMG_4010.JPG

All students start from soldering. Truly Student of Electrical Engineering, they well in soldering.

こちらの学校にはハンダゴテがあるとのことで、IchigoJamの半田付けからスタート。さすがはみんな電気工学科、半田付けはお手の物です。

IMG_4014.JPG

He excited at testing LED of his IchigoJam.

LED1での動作確認、喜びのあまり写真がブレてしまいました。

IMG_4016.JPG

I left here because of my poor health.

僕はここで体調を崩し、いったん休養に。。。

IMG_4019.JPG

UPS is required because there are many power down.

停電が多く、UPSは必須です。

IMG_4109.JPG

All students were finished the class when I came back from resting.

休養からもどるとみな無事に終えていました。

IMG_4110.JPG

Photo time!

写真撮ろうぜ会も開催!

IMG_4111.JPG

They are like Kosen-sei. TCT is Rwanda Campus of Kosen. I am looking forward to his future success!

Let’s start PCN Tumba!?

どことなく高専の匂いのする彼ら、いわば高専ルワンダキャンパス。これからの活躍が楽しみです!

PCN Tumba かな?楽しみ!!

 

 

 

 

 

 

.

Kids are same anywhere! PCN’s first IchigoJam Africa classroom held in Kigali Rwanda!

Kids are same anywhere! PCN’s first IchigoJam Africa classroom held in Kigali Rwanda!

IMG_3825.JPG

We PCN with KidsVenture hosted IchigoJam class in Kigali Rwanda. It held at FABLAB.

ルワンダ、キガリにてPCN with KidsVentureのIchigoJamイベント。地元FABLABさんに会場をお借りしての開催です。

IMG_3903.JPGIMG_7934.JPGIMG_3919.JPG

It was 2 classes, adult class and kids class.

午前中は大人の部、午後は子供の部の2部構成。

IMG_3916.JPG

The adult class is IoT class using IchigoJam and MixJuice. We made a device that post chat of room lighting. Truly FABLAB people, students brought his friend to explain the programming when the class ended. Rwandan people is good serious.

大人の部では IchigoJamMixJuice を載せて IoT 講座。部屋の明るさをチャットするデバイスを作りました。さすがFABLABに出入りする人たち、講座が終わると講座にいなかった友達を連れて来てレクチャー会がはじまっていました。ルワンダの人たち、まじめで真剣です。

IMG_3940IMG_3946IMG_3948IMG_3951IMG_3954

Kids are similar in the world. There were few kids who can’t understand english. But It’s OK. They were enjoyed. Kids are using Kinyarwanda language in Rwanda. They study english at grade 4 in primary school. In adult, people can speak english well. Awesome!

こども達はというと世界中どこへ言っても同じ、大はしゃぎ。英語があまり通じない子もいましたが、なんとかなるもんです。ちなみにルワンダではキニャルワンダ語が使われている模様。小学校4年生ぐらいから英語も使えるようになるんだとか。大人になると英語はバッチリ話せていました、素晴らしい。

IMG_3963.JPG

Popular teacher Fukuno also here Rwanda.

ここでもイチゴ帽子の福野くんは講座が終わって大人気。

IMG_3910.JPG

He is Ziadi who graduated TCT. TCT is supported by JICA. I hope he will do the PCN Kigali(or Rwanda?)!

JICA支援で作られた TCT という工業大学卒のZiadi!彼はきっと PCN Kigali(Rwanda?)をやってくれることでしょう!

IMG_3971.JPG

We completed the first class in Africa. Thank you for Mr. Takahashi and Mr. Wakasa!

I hope PCN Rwanda will start!

アフリカに上陸しての初教室、無事完了。KidsVenture 高橋さん若狭さん、同行ありがとうございます!

PCN Rwanda、できるといいな!

 

 

 

 

 

 

.

Congratulations!! The award ceremony of PCN Kids Programming Contest 2017 Summer was held in Fukui, the results were announced!

IMG_3157.JPG

The award ceremony of PCN Kids Programming Contest 2017 Summer was held at Hapirin.

PCNこどもプロコン2017夏、審査&表彰式が福井市ハピリンにて開催されました!

IMG_3159IMG_3160IMG_3161IMG_3162IMG_3163IMG_3164IMG_3165

IMG_3166IMG_3167IMG_3168

Many nominated works are gathered. Which works are chosen? We ware excited.

ノミネートされた数々の力作が勢ぞろい。どの作品が最優秀賞に選ばれるか、ドキドキです。

IMG_3176IMG_3180

So many people had come, kids who created works, companies who sponsored us and so on.

作品を送ってくれたこども達、協賛いただいた企業様、たくさんの方々が会場にきてくれました。

IMG_3181

And we broadcast it to 9 satellite venue. Sapporo, Sendai, Tokyo, Nagoya, Mie, Kyoto, Kobe, Fukuoka and Kumamoto!

そして、なんと今回は全国9カ所のサテライトをLIVEで結んでの開催。札幌、仙台、東京、名古屋、三重、京都、神戸、福岡、熊本!

IMG_3184

Mr. Takasu gave a lecture. He told about MakerFaire to Kids. Thank you very much.

ゲスト講演は高須さん。MakerFaireの楽しさについてこども達に語っていただけました、ありがとうございます!

IMG_3190

A demonstration of IoT Car was also held to kids. I hope the kids could understand about IoT.

共立電子さんによるIoTカーのデモも行われました。最近よく言われるIoT、こども達にも伝わったかな?

IMG_3197

Congratulations the Awarded Kids!

ぞくぞくと受賞するサテライト各地のこども達、おめでとう!


 

contest07.png

The awards detail is here!

Congratulations awarded kids! And thank you for applicants! We will wait for your apply at the PCN Kids Programming Contest 2017 Winter!

受賞の詳細はこちら

受賞した皆さん、おめでとうございます!応募いただいた皆さん、ありがとうございます!次回は2017冬、でお待ちしています!

 

 

 

 

 

.

KidsVenture with PCN has reached the Philippines FINALY! The day may come when the kids of the Philippines will become the savior of Japanese education.

_MG_8174.JPG

Finally, KidsVenture with PCN goes to the Philippines. We had 2 days. The 1st day, we taught to HighTouch Institute teachers who are teaching IT Skill in CNE1.

KidsVenture with PCN は、ついにフィリピンにやってきました。今回は2日間。1日目はCNE1で合宿生にITスキルを教えている HighTouch Institute の先生たち。

_MG_8123.JPG

_MG_8098.JPG

Of course, we started from the soldering.

もちろんまずは半田付けから。

_MG_8115.JPG

CNE1’s teachers are cheerful, so we had fun.

ここの先生達は陽気な感じで、楽しいです。

_MG_8139.JPG

_MG_8156.JPG

All teachers ware seriously. Maybe it was first time about soldering for them.

どの先生もみんな真剣。普段コンピュータはよく触っているようですが、半田付けは初めての人が多かった模様。

_MG_8216.JPG

_MG_8166.JPG

And all teachers succeeded to make IchigoJam!

そして無事全員完動!

_MG_8242.JPG

I did the usual lecture to CNE1 teachers. It progressed smoothly and question from them ware apt.

いつもの基礎講座を受けてもらいました。さすがはITスクールの先生、サクサクを進むし、質問も的確。

_MG_8278.JPG

CNE1’s teachers studied very hard at IchigoJam programming. She was taking memo. They will can support kids tomorrow.

CNE1の先生方はとても真面目で、しっかりメモも取りながら聞いてくれました。2日目のこども講座のサポートをバッチリやってもらえそうです。

22068957_1569547136416829_307458260_o.jpg

2nd days.

10 Philippino kids, CNE1 Hightouch teachers and local-media met in the room. The room was very hot.

そして迎えた2日目。

フィリピンのこどもたち10人、HighTouchの先生方、地元メディアの方が多く集まり、熱気ムンムンの部屋に!

WP_20170927_006.jpg

WP_20170927_007.jpg

WP_20170927_008.jpg

22070252_1974883722797663_1539356712_o.jpg

All kids could finish this lecture. Please enjoy programming from now on!

全員ばっちり終えることが出来ました。12〜17歳、いつもよりはちょっと大きなこども達、飲み込みも早く将来有望です。これからもプログラミング楽しんでください!

22092878_1569752836396259_1055237151_o.jpg

I gifted cam-robot to CNE1’s Mr Isaka. Please be handed down to the all Philippine kids!

今回旅の友に持っていたカムロボ、フィリピンのこどもたちにもとても受けが良く、1台プレゼントしてきました。さくらインターネットさんからはTV&Keyboardを10セット、NaturalStyleからはIchigoJamキットx10、IchigoDake x20、IchigoIgai x4をプレゼント!CNE1 HighTouch の先生方、これからもフィリピンのこども達にプログラミングを伝えて行ってください!


 

22016843_1568836106487932_46945331_o.jpg

CNE1 created a school with Hachinohe-gakuindaigaku. Philippino kids who can speak english also learn programming. And they may come to Japan in the future.

They may be a savior for Japan which start programming in all public school. They will also learn Japanese.

CNE1は八戸学院大学と組んでフィリピンに学校を設立。英語が堪能なフィリピンのこども達がこの学校でプログラミングも学び、日本語も学んで将来日本にやってくるとのこと。

英語ができてプログラミングもできるフィリピンの若者がALTとして何万人か日本にやって来れば、2020年から始まる日本の新しい教育現場の救世主となるかもしれませんね!

 

Thank you for Ms. Yoshida, Mr. Isaka, HightTouch teachers, JOJO 🙂 and all philippine’s people.

We will go the Philippine again. Let’s enjoy programming!

お誘いただいたKidsVenture吉田さん、CNE1井坂さん、サポートいただいたHighTouchの先生方、JOJO、フィリピンの皆さんありがとうございました。

今後が楽しみなフィリピン、また行きます。プログラミング楽しみましょう!!

 

 

 

 

 

.