IchigoJamカムロボのデバッグからラズパイ製品の現場調整まで、立ち乗りでこなすIchigoDyhook!

先日に引き続き、次はこちら、様々なパソコンをIchigoDyhookにつなぐための変換基板「DPC – (Dyhook for PC)」。パソコンのモニタ出力を黄色いケーブルでDyhookに、DyhookのキーボードをmicroUSBケーブルでパソコンへ。

まずは こどもパソコン IchigoJam 、Dyhookのキーボードをさして、Dyhookのモニタに映します、問題なし、快調。

なので パソコン内蔵ロボ「カムロボ」も問題なし。ロボット体験のデバッグがはかどります。

お次は 製品内蔵向けパソコン RaspberryPiIchigoJam BASIC RPi を5秒で起動、キーボード( PS/2,USB 両対応 )も効いて画面もきれい。

Raspbianも起動テスト。

マウスつなげばScratchも動きましたが、画面の狭さがツラい。工業製品に内蔵されたラズパイの現場調整なんかに便利そう!

IchigoDakeの端子はこうなってます、仕様はオープン!

キーボードとモニタとバッテリーが一体になった IchigoDyhook はどんなパソコンも接続可能!










.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s