先生も面白い「IchigoDake」は「プログラミング的思考だけ」が入った一人一台パソコン、¥980!

IchigoJam の核だけ切り出した IchigoDake は¥980、「プログラミング」に特化して初学者に必要な機能のみ、それ以外は削ぎ落とされています。

小学生のうちに触れておいてほしいプログラミングの基礎は以下。

  1. 命令は順次実行され、時にジャンプする
  2. 変数に値を記憶できる
  3. プログラムとは「組む」もの(もしくは「描く」)

特に 3. は重要。

プログラミングをやりだすと、プログラミング以外のことに気を奪われがち。文部科学省もそれを懸念し、

小学校におけるプログラミング教育のねらいは

(1)「プログラミング的思考」を育むこと
(2) プログラムの働きやよさ、情報社会がコ ンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことがで きるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解 決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと
(3) 各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なものとすること

[ 小学校プログラミング教育の手引(第二版) ]

と記述しています。(2)や(3)もいいですが、やはりイチオシは(1)。

ちなみに「プログラミング的思考」については、

「プログラミング的思考」とは「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要 であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいい のか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づ くのか、といったことを論理的に考えていく力」

[ 小学校プログラミング教育の手引(第二版) ]

と記述されていて、まとめると、「”プログラミング” をすることが ねらい なのであって、それ以外のことに ねらい がズレないようにしましょう」ということ。


昨年から2年間かけて12コマ通った福井県勝山市の鹿谷小学校

  • 1,2コマ目:はじめのいっぽ(川下り)
  • 3,4コマ目:カムロボ&Radish
  • 5,6コマ目:LEDロープでクリスマス
  • 7,8コマ目:カムロボ&Radish
  • 9,10コマ目:LEDロープでクリスマス
  • 11,12コマ目:変数 + カムロボ&Radish

総合の授業で行いました。こども達には 自ら考える力 がつき、どんどん発想してどんどん実行します。先生はこども達に押されつつも

「プログラミングが面白い、つい手を出したくなるのを抑えるのが大変」

と笑いながら話してくれました。

驚きは僕の想定以上のプログラムを描いた子が現れたこと、才能がある子っているんですね。

女子たちが何をしているのかと思ったら、シンクロナイズド・ダンシング。僕はノータッチで、勝手にマルチスレッドの域に学習を広げていました。

ここまでできるようになったらバッチリ「プログラミング的思考」はゲット済み、2020年4月を前に1つの成功例としてこのBlogに綴ります。

校長先生、楽しい時間をありがとうございます


“プログラミング” とは関係のないモノを極力削ぎ落とした一人一台パソコン「IchigoDake」には「プログラミング的思考だけ」が入っています。










.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s