さすだけ簡単 IchigoKamuy !¥100センサーで作るモバイル物体検知ソナー!

shushu inc. より販売開始された「IchigoKamuy」。

ラップトップのUSBに刺して通信アプリを使うとすぐにプログラミングできます。

今回は CoolTerm というアプリを使いました。

5  VIDEO0
10 N=0
20 OUT1:OUT0
30 N=N+1
40 IF IN(1) GOTO30
50 IF N<8 BEEP N:WAIT6
60 GOTO10

アプリ越しにこんなプログラムを打ち込みましょう。今回はBASICですが、JavaScriptやRubyも選択可能。

そして最後に「SAVE 0」。

HC-SR04  IchigoKamuy
--------------------
GND      -       GND
VCC      -        5v
Trig     -      OUT1
Echo     -       IN1

さぁ、ラップトップからIchigoKamuyを抜いて距離センサー HC-SR04 と圧電サウンダーを取り付けましょう。

100均のUSBチャージャーに刺せば、モバイル物体検知ソナーの完成!

物が近いほど高い音で知らせてくれます。約100円/個な格安センサーなので、量産しやすいのがいいですね。展示会などでどの展示品に人がどれくらい近づいて滞留しているのか、データ回収にもいいかも!


いつのまにか5回目となる こどもプログラミングサミット、今回は金沢市で開催。鯖江市長、金沢市長も登壇して学校現場でのプログラミングへの取り組み状況を生の声で聞けそうです。

金沢市では同日に「第1回 加能ガニロボコン」も開催、記念すべき第1回の優勝は誰の手に?

12/26は金沢で、加能ガニと一緒に待ってます、ぜひどうぞ!










.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s