中学生が作ったプログラミング言語「Blawn」で π 計算!最新のC++を一歩進めたような仕様が超COOL!

中学3年生が作ったというプログラミング言語「Blawn」を試用してπ計算 by モンテカルロ。

ブロックを ‘(‘, ‘)’ で括るのが新鮮。

そして C言語 のライブラリを呼び出すのが楽チン、普通に関数を用意して、

名前と型を bridgeファイル に記述するだけ。

あとはビルド。まずCのライブラリを

# clang -c test2.c

次に blawnファイル を

# ./Blawn/blawn test2.blawn -l test2.o

「blawn」コマンドは ビルドと実行 を同時に行ってくれ、

3.141520

と出力。ビルドされると「test2.out」が生成されているため次はビルドいらずの実行が可能。

Blawnmacでソースをビルドしてみたけど実行に失敗。作者はWindows上で開発してるっぽかったので、付属のバイナリをWin10 bash上で起動して試用。すべての変数が 宣言無しauto(Cで言うところの)、すべての関数はテンプレート(Cで言うところの)という(こちら)、まるで 最新のC++ を1段階先に進めたような仕様がとってもCOOL。

C/C++への愛を感じる Blawn、この先も楽しみ!









.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s