音楽室にはグランドピアノ、各児童にはIchigoJam、前原小が行き着いたプログラミング授業は楽しさ満載!

小金井市前原小学校で行われた公開授業「小学校プログラミング授業の通奏低音 ー 全部IchigoJam !!!!」。

1年生はIchigoJamにタブレットをつないでLチカ(LEDの点灯)。

タッチ&ドラッグでプログラミングできる「カトラリーApps」を利用、Android,Windows,iOSで動作可、無料。

4つのLEDを綺麗に光らせるプログラミング、前原小専用基板「前原1号」を利用。

2年生は体育館でIchigoJam

こどもじどうしゃ「Radish」をプログラミング。

2年生もカトラリーAppsでプログラミング。

プログラムができたらIchigoJamを じどうしゃ に刺す。

すると組んだように動き出す、つまり乗れるカムロボ

3年生はIchigoJamにキーボードをつないでBASIC言語にチャレンジ。

キーボード入力ははじめてとのことで、説明書を見ながら。その説明書は紙ではなくタブレット内に、ICTの活用。

クローラー(キャタピラ)でどこでも走れるカムロボ、教室中大賑わい。内容は「壁にぶつからずに止まる」プログラム。

10 IF ANA(2)<400 OUT33
20 IF 400<ANA(2) OUT0
30 GOTO10

おそらくこんな感じ、簡単。

4年生もIchigoJamにキーボードをつないでBASIC言語。

こちらは明るさセンサーで白黒を読み取るプログラミング。

白だったら左、黒だったら右、とプログラムするだけでこのような動き。

10 IF 500<ANA(2) OUT32
20 IF ANA(2)<500 OUT1
30 GOTO10

おそらくこのようなプログラム、簡単。

ちなみにこの内容は静岡では中学3年生が技術家庭でやっていた内容。前原では小学4年生、どちらがいいというわけではありませんが、2020年以降、自治体や校長の方針によって全国各地でこのような違いが出る、ということ。

5年生ももちろんIchigoJamにキーボードをつないでBASIC。

画面内でキャラクタをアニメーションさせるプログラム。

ダンボールの蓋がうまく譜面台になるようにクリップ、ナイスハック。

階段状に絵柄を出す。

絵が十字にアニメーションされて表示される。このプログラムはプリントになく、自ら考えて作ったもの。

5年生ともなればキーボードはお手の物。打つのも早くどんどん面白いものを作る。

最後はIchigoJam生みの親 福野くん の講演。

そして僕も前原小との取り組みのお話。

音楽室にはグランドピアノ、各児童にはリコーダー。コンピュータルームにはラップトップ、各児童にはIchigoJam。ちなみに今回使われていたのはIchigoJamの小さい版「IchigoDake」、筆箱にも入る。

お招きいただき、ありがとうございました。

こちら、昨年、前原小で使われていた手作りのLチカキット。

それを見かねて作った「前原1号」、前原の校章入り。ご入用の方いましたらお譲りしますのでご連絡を

カムロボ生みの親 石崎さん も来校した前原小学校公開授業、松田校長の最先端なプログラミング挑戦は楽しさ満載。


松田校長もやってくる「こどもプログラミング・サミット2018」は12/26、福井にて。全国各校で固まって来たプログラミングの取り組みを一挙公開!

お見逃しなく。









.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s